台北到着 (音楽の話題はゼロです)

羽田発の中華航空CI223便で無事台北 松山空港に到着しました。天気は小雨、気温は13℃です。朝イチの便なので、6:30に羽田に着いた時点でチェックイン締め切り時刻(webチェックインをしていたのでそこは問題なしでした)。頼んでいたwifiルーターを引き取り、慌ててカウンターにスーツケースを預けました。(これはギリギリのタイミングだったようです)

台湾ドルへの両替は保安検査場入り口側のみずほ銀行をお勧めされていたので、これも急いで向かいました。1万円分両替すると、25%くらい手数料で引かれる感じでした。

台北行きの中華航空はこの日106番ゲートと、すこし離れたところになるので保安検査場を出て小走り。この時点で既に一般の搭乗も開始しているくらいのタイミングでした。

ほぼ定刻通り離陸し、少しすると朝食が出て来ます。洋食と和食から選べるのがありがたかったです(写真撮り忘れました…)。僕は洋食にしたのですが、温かいオムレツ・パン・サラダ・ヨーグルト・果物と十分な量でした。

座席モニターがタッチパネル式なのですが、僕の席は画面の感度が悪いのか上手く反応せずだったので、ちょうどお尻の左側に慎ましくあるリモコン(気がつくまで10分かかりました)を素直に使いました。

4時間、ほぼ定刻通りに台北 松山空港に着陸。入国時の申請用紙にちゃっちゃと記入。

・観光なら渡航理由は「観光」を選択、VISA TYPEは記入不要。
・日本での住所、職業欄は漢字記入でok!

観光目的で入国する際は、パスポートと申請書を提出しカメラで顔と両手の人差し指をスキャンするだけで、特に質問等はされていない様子でしたよ(たまたまかもしれませんので、その辺は自己責任でお願いしますね)

入国審査を終えたら預けたスーツケースを受け取って、通関申告すべきものが無い場合は緑のレーンからするするっと出るだけです。

松山空港では「Airport Free WiFi」が使用出来るのでネット接続も問題ありません。空港を出る前に携帯の充電したい!という場合は到着ゲートを出て左へスタスタあるいて出国ゲート方面へ。2階ロビーに「充電座」というスポットがあるのでそちらへGO!!

それではまた




タグ:

カテゴリー: Blog

ロッキング・オン・ジャパンさんにインタビューを受けた件

「新年早々お前は何を言っているんだ!?」
と、思われても仕方ないことこの上ない件についてここに記すぜ

そもそも、マネージャー・制作を生業としているとインタビューの「立会い」という場面にはそれなりに遭遇するわけですが、自分が「受ける側」になるなんてことは夢にも想像もしてなかったわけです。そんなもんだから、いざ現場について話し始めると汗が出る出る(苦笑)。反対に、Jimiちゃんは余裕というかいつもと変わらぬ感じでどんどん話をしちゃうわけ。いやぁ、大したもんだなとちょっと感心したくらいでした。どこの馬の骨とも分からぬ我々に対して誠意を持って接していただいたライターの田中様・ロッキング・オン・ジャパンの皆様ありがとうございました。 これからはインタビュー立会いの際はもっとアーティストに気を遣わなきゃと痛感いたしました、いい経験をさせていただきました。

お時間ございましたらご一読を。
RO69の記事はコチラからどうぞ

「ロックDJイベント『渡り鳥』とは? 主催者のふたりに取材しました」
http://ro69.jp/blog/ro69plus/154468?rtw

「【特集】サラウンドDJって何だ!? ロックDJイベント「渡り鳥」の主催者が語る新たな音楽のあり方」
http://ro69.jp/feat/wataridori_201701/page:1

 




雑記:ストリーミングサービスの味方は案外アレかも

音楽のストリーミングサービス、本当にたくさんあります。それぞれ有料・無料とサービス形態は様々で日常生活にもだいぶ浸透してきていますよね。でも、実際のところは登録はしてもそれほど頻繁には使ってないって人も多いのではではないでしょうか。

と、いうのもストリーミングサービスそのものを使う場合多くがアプリ経由だと思います。つまりiPhoneやiPadなどが主ですね。そうなるとどうしても気になるのがパケット通信料だと思います。かくいう私も使う場合はほとんどwifi環境下です。

でも、例えば自宅でノートパソコンで作業しながらストリーミングで音楽を聴くというシーンはあると思うのですが、どうにもノートパソコンの脆弱なスピーカーで聴くとしっくりこない、音楽的じゃない感じが否めないのです。そうすると徐々に徐々にサービスそのものを利用しなくなっていきます。サービス自体はとても便利に作られているのですが、肝心の出口でつまづくというか。

「もうちょっと音がマシだったらなぁ…」なんて思っていた時に教えてもらったのが、このブルートゥーススピーカー”Anker Sound Core”でした。
何がいいって、まず価格。Amazonでたったの¥3990〜!!!(本体カラーによって違います) この手のスピーカーってBOSEやJBLのようにそこそこな値段するのかと思っていたのですが、この値段を見て即決でした。屋外使用可で、一回の充電で最大24時間連続再生可。USB給電も可能なのでPCや車のシガーソケットからでも使えます。半径20メートル以内であれば接続可。ツアー先のホテルや楽屋でちゃんと音楽を聴きたい時や、BGM用にも最適ですし充電式なので屋外の撮影やロケでもきっと活躍してくれるハズです。

img_4482(micro USBのアダプターなら併用可でした)

とにかく置き場所を選ばないし、ボリュームを上げても音割れしない優れものなのでiPhoneでアプリを起動して気分に合わせたプレイリストを選んで再生しとけば、あとはiPhoneをどこかに放り投げておいても全然ok。とにかく楽に、かつちゃんと聴けるのでストリーミングサービスの利用頻度はかなり上がりました。ぜひ一度お試しください。

 

img_4478梱包はこんな感じで送られてきました

img_4479“Thanks for choosing Anker!” いえいえ、こちらこそ

img_4480開けるとこんな感じです

img_4481中身はこんな感じです (本体とmicro USB ケーブル)

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】(ブラック) A3102011



0108 Busker Noir ライヴデータ (セットリストなど)

Sakura presents “Busker Noir”
2017.1.8(日)@高円寺 HIGH
open17:00 start 17:30 
-Thank You Sold Out!!!-
cast:
Dr:櫻澤 泰徳(Rayflower / ZIGZO / gibkiy gibkiy gibkiy)
Dr:SATOち(MUCC) 
Dr:SORA(DEZERT)
Guest act:
Vo:将(A9)
Gt:ミヤ(MUCC)
Gt:aie(the god and death stars / gibkiy gibkiy gibkiy / KEEL) 
Gt:夢時( eStrial / HOLLOWGRAM / Angels )
Ba:kazu(the god and death stars / gibkiy gibkiy gibkiy / STEREO.C.K) 

Ba:田浪真悟(Z’s)

 

fullsizerender0108setlist

Thank you!!!




2017年も宜しくお願い致します

年末年始、いかがお過ごしでしたでしょうか。
今日から仕事始めの方も多かったのではないでしょうか。

気がつけば2017年、平成29年です。
東京オリンピックまでもう3年です。
鳥クルッテル.incで演出やらせてください。

もとい、年始からイヴェント目白押しです。

1月05日 DRUM☆GODS @ 渋谷 RUIDO K2 ※Sold Out
1月06日 厨二病 @ 渋谷 Milky Way
1月07日 蝉(篤人&印藤) 1st.gig @ 新宿 某所
1月08日 Busker Noir @ 高円寺 HIGH ※Sold Out
1月14日 渡り鳥-台湾編- @ 台北 Triangle c/w Manic Sheep(TW) 

今日もリハ帰りの車で聴いてたラジオでSoul Asylumの「ミザリー」(名曲!)がかかったり、昨年末の紅白ではイエモンが「JAM」、キンキは「硝子の少年」、MA-1やスカジャン、Bruno Marsのヴェルサーチ感、平野ノラ、ベッド・インなど「えっ!今って西暦なん年?」と思わず言ってしまいそうになるlate 80’s-90’sなもののリバイバルは今年も継続でしょうか?KOHHのDie Youngはグランジ臭プンプンするので、とても好きです。(グランジというワード、久しぶりに使いました。)

ゲスの勘ぐりはさておき、おぼろげには「こんな年にしたいなぁ」なんてことも考えてはいるのですが、まずは目の前のことを一生懸命やるだけでございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。